投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

「マツコの知らない世界」で取り上げられた羽田空港のエアポートグリル&バールへ行ってきた

イメージ
最近 羽田空港に行くことが増えました。息子が九州の大学に進学したからです。

2016年のゴールデンウィークには私が一緒にオープンキャンパスに行きました。

2017年の入試で進学が決まり、3月下旬 息子の旅立ちとともに、家内が生活立ち上げでいっしょに飛びたった時は、車で羽田空港まで送って行きました。(家内は二泊だけで、もちろんすぐに帰ってきました)

5月~6月にかけて一週間、なぜか息子の大学が休みとかで、帰省した時は、夫婦で羽田空港に車で迎えに行ったし、送りもしました。

4人家族なので、一人息子ではないけれど、彼が旅立って、家族が4分の3になりました。

旅立つ前は、余り意識していなかったですが、1人いなくなるだけで、さびしくなるもんです。

米びつのお米は減らなくなったし、スーパーで買い物をする時も彼がいないことで買わなくなった食料品は多いです。買い物する時の張り合いが少し減りましたね。

でも、彼は初めての一人暮らしで奮闘しながら、勉強と部活他で頑張っているようです。
家の中が少しさびしくなったけど、息子が一人立ちして成長することを期待して温かい目で見守ります。

さて、今日の本題です。

6月に息子が九州へ戻る時、羽田空港へ夫婦で車で送って行きましたが、午後のフライトまで時間があったので、羽田空港第2ターミナル 4Fの "エアポートグリル&バール" というレストランでランチをしました。

下調べしなしで入ったのですが、とても良かったです。

"とろとろ温玉ハンバーグ&粗びきソーセージ"という料理を選びましたが、なかなかおいしかったです。




この品はテレビの「マツコの知らない世界」で取り上げられ、マツコ・デラックスさんが絶賛したらしいです。

そんなレストランだから、高いと思いきや、そんなことはなく、"とろとろ温玉ハンバーグ&粗びきソーセージ"はライスもついて税抜き1,288円でした。

次にこのレストランで良かったのは、入店すると左右にとても広いレストランで、突き当たりは180度の全開パノラマの窓になっているところです。




その窓には、ANAの飛行機がたくさん駐機していて、それらの飛行機が順次、滑走路に行って、離陸するところを見られます。





滑走路の向こうは東京湾で、その遥か前方には対岸の舞浜のメリーゴーラ…

ソラチカカード(ANAカード)のお得な入会方法|ポイントサイトではだめ? 紹介とキャンペーンでマイルをゲット

イメージ
最終更新日 2018年8月25日



ANAカードのひとつであるソラチカカードのお得な入会方法について紹介します。
クレジットカードをお得に申し込むにはポイントサイトから申し込むのがセオリーですよね。

しかし、ソラチカカードは2018年3月現在、どのポイントサイトでも扱いがありません。

どこ得?で検索してもヒットしません。

ソラチカカードは人気が高く、発行元が広告費を払わなくても一定のカード申し込みがあることが理由だと考えられます。
ソラチカカードをお得に申し込むことはできないのでしょうか?

いいえ。そんなことはありません。当サイトでお教えする方法でソラチカカードを申し込みすれば、ボーナスマイルを500ANAマイル獲得することができます。

その方法は、ANAマイレージクラブの「マイ友プログラム」を使うことです。

■マイ友プログラムとは?


マイ友プログラムは、ANAカードを保有しているANAマイレージクラブ会員の紹介を受けて、ANAカードに申し込むと所定のボーナスマイルが付与されるプログラムです。

マイ友プログラムを利用してソラチカカードを申し込んだ場合、500ANAマイルが付与されます。

私はすでにANAカードを保有していますので、私の「紹介者情報」を利用して申し込めば貴方にボーナスで500ANAマイルが付与されます。

■マイ友プログラムの注意事項【重要】
・マイ友プログラムはANAマスターカード等のANAカードを1枚も持っていない方のみが対象となるプログラムです。ANAカードをすでに保有している方がマイ友プログラムを利用してソラチカカードに申し込んでも、500ANAマイルは付与されませんのでご注意ください。

・マイ友プログラムへの登録は、必ず、ソラチカカードを申し込む前に行ってください。ソラチカカード申し込みを先にして、後からマイ友プログラムへ登録しても、500ANAマイルは付与されません。

■ステップ1 (マイ友プログラム登録のポータルサイトへ行く)
 マイ友プログラムへの登録は、https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/で行ってください。


■ステップ2 (マイ友プログラムの登録画面に移動する)
表示される画面の下半分くらいのところに、以下のようなオレンジ色の「登録用ページ」へ行くボタンがありますので、こちらを…

ANAマイルを貯めるために保有必須のクレジットカードであるソラチカカード(ANAカード)とは

イメージ
2018年7月7日更新

みなさんは、ソラチカカードというクレジットカードについて、お聞きになったことはありますか?
ソラチカカードとは数あるANAカードのひとつで、ANA、東京メトロ、JCBがコラボして作られた特別なクレジットカードです。

ANAマイレージクラブ「ANAカード」と 東京メトロ「To Me CARD」が合体したカードと考えて頂けると分かりやすいです。

このカードの正式名称は ANA To Me CARD PASMO JCB なのですが、 ソラチカカードと呼ばれることが多いです。



名前の由来は。。。
もうお分かりですよね。全日空の空(ソラ)と東京地下鉄 株式会社(東京メトロ)の地下(チカ)鉄から来ています。
最大の特長はメトロポイントからANAマイルに交換する時の交換レートが素晴らしくいいことです。

例えば10,000pは9,000マイルになります。だから交換レートは0.9マイル/ポイントで、90%です。このように高い交換レートはどこを探してもありません。
例えばnanaco, Tポイント、楽天スーパーポイントからの交換レートは0.5(50%)です。

ソラチカカードの交換レートがどれだけ素晴らしいかお分かり頂けると思います、

ポイントサイトで獲得したポイントを下図のルートを経由してANAマイルに交換することで爆発的にANAマイルを貯めることができます。



注:「LINEポイント→メトロポイントの交換」、および「メトロポイントからANAマイルの交換」のレートはそれぞれ90%です。そのため、上記ルートでのトータルの交換レートは90% × 90%の合計81%となります。


ソラチカカードは、申し込みからカード到着まで10日から2週間くらいかかります。
また、ソラチカカードの破格の交換レートは、今すぐではないと思いますが、将来、改悪されるかも知れません。

ANAマイルを貯めるには、絶対に必要なカードですので、ソラチカカードの申し込みは早めに行うことをお勧めします。

次の記事【ソラチカカード(ANAカード)のお得な入会方法|ポイントサイトではだめ? 紹介とキャンペーンでマイルをゲット】へ>

<前の記事に戻る

ポイントサイトで獲得したポイントをどうやってANAマイルにする? LINEソラチカルートとは?

イメージ
2018年7月7日更新

ANAマイルを貯めるには、ポイントサイトで獲得したポイントをマイルに交換する必要があります。
ポイントをマイルに交換するルートは色々ありますが、どのような順番で交換するのが良いでしょう?

実は、ポイントをANAマイルへ効率的に交換する黄金のルートがあります。

私がお勧めするのは、PeX → ワールドプレゼントポイント→ Gポイント→ LINEポイント→ メトロポイント→ ANAマイルのルートです。(この黄金ルートを、LINEソラチカルートと呼びます)


メトロポイントやLINEポイントって何? という方向けにメトロポイントとLINEポイントの解説をします。
■メトロポイントとは?

メトロポイントは、東京地下鉄株式会社(愛称:東京メトロ)が提供しているポイントサービスです。

ANAマイルを貯めるのに、どうして地下鉄? とお考えになる方もいらっしゃると思います。
でも、ANAマイルを勢いよく貯めるのに東京メトロのメトロポイントを使うことは必須なのです。
メトロポイントからANAマイルへの交換レートは0.9です。これは、10,000メトロポイントをANAマイルに交換したら9,000ANAマイルになるということです。

ANAマイルへの交換レートでいうと、これは断トツです。
ちなみに代表的なポイントサービスである nanaco、楽天スーパーポイント、Tポイントの、ANAマイルへの交換レートはいずれも0.5です。これは、10,000ポイントをANAマイルに交換しても5,000ANAマイルにしかならないということです。
メトロポイントからANAマイルへの交換率がいかに高いかが分かりますね。

つまり、ANAマイルを効果的にゲットするには、貯めたポイントをメトロポイントに集約することが大事ということになります。
そして、メトロポイントに集約するのに使う重要なポイントサービスが、LINEポイントなのです。

■LINEポイントとは?
LINEポイントは、LINE株式会社が運営するポイントサービスです。

■なぜLINEポイントが必要?
メトロポイントに交換できるポイントサービスは限られています。

以前はドットマネー、Gポイント、PeX、ネットマイル、LINEポイントからメトロポイントに交換ができました。

しかし、2018年4月1日からLINEポイントを除いた、ドットマネー、Gポ…

ANAマイルを貯めるための最初のステップ

2018年6月17日更新

これまでの記事で、ANAマイルを大量に貯めるために必要なポイントサイトであるハピタス、ポイントインカム、Gポイント、モッピー(moppy)、ちょびリッチの紹介をしましたが、具体的にどのようなステップで行動を起こせばよいかをご説明します。
ANAマイルを大量に貯めるには、一度にたくさんのポイントを獲得できる高還元案件に狙いを定めるのが得策です。

では、そのような高還元案件の情報をどのように収集すれば良いのでしょうか?

それは、実際にハピタスポイントインカムGポイントモッピー(moppy)ちょびリッチなどのポイントサイトの会員になるのが一番です。

※ 会員になるための費用ははいずれのポイントサイトでも無料です。

入会すれば、会員用の案件情報をポイントサイトで閲覧できるようになるため、お得な高還元案件の情報を簡単にゲットできます。
また、ポイントサイトに入会するとお知らせメールが定期的に届くようになります。
それらのメールにはお得なクレジットカード入会案件、お得なショッピング案件などが出ていますので、ポイントサイトを常時チェックしていなくても、高還元の案件の情報をラクに入手することができます。
そして、次のステップです。
あなたが関心をもった、高還元の案件が出て来たら、まずするのは、どこ得で、どこのポイントサイトが1番有利かを調べることです。

※どこ得は、数あるポイントサイトの中でどのポイントサイトが有利かを比較するためのサイトです。

例えば、ハピタスからの配信メールで、「"三井住友VISAカード"をハピタスサイトから申し込みをすると、10,000円分のポイントを獲得できます。」というお知らせがあって、あなたが、このクレジットカードを申し込みたいとします。
その場合、どこ得に行って、検索窓に"三井住友VISAカード"と入力して検索ボタンを押します。すると、約50のポイントサイトから、"三井住友VISAカード"に対する報酬ポイントが高いポイントサイトをランキング形式で表示してくれます。
あとは、そのランキング順位を見て、ハピタスが上位であれば、ハピタスのサイトに戻って、"三井住友VISAカード"を申し込めばよいですし、もし、Gポイントやポイントインカムの方が上位で…

ちょびリッチの紹介 Gポイントへ直接交換が可能。ANAマイルがゲットできるポイントサイト

イメージ
2018年6月17日更新

先の記事でも紹介しましたように、"ちょびリッチ"は、運営歴13年の老舗で、大量ポイントがゲットできるクレジットカードやFXの案件を豊富に取り揃えているポイントサイトです。
■"ちょびリッチ"のページ


ショッピング案件、外食モニター案件などの特集も常時やっており、ANAマイルを貯めるのに最適なポイントサイトのひとつとしてお勧めです。

ちょびリッチのユニークなサービスとして毎日 ”ちょ日新聞(ちょびしんぶん)”で発表される”今日のちょびリッチ”があります。

■今日のちょびリッチとは?

”ちょ日新聞(ちょびしんぶん)”で毎日発表される宝くじのようなもので、ちょびリッチで人気があるコンテンツのひとつです。

ちょびリッチに登録されている全会員の中から、毎日10名が選ばれて、当選すれば最低でも1,000ポイントがゲットできます。

当選者には当選を申請するための「申請する」ボタンが表示されるので、当選した当日の24時までに申請手続きを行う必要があります。

■キャリーオーバーで最高20万ポイント!一攫千金狙えるかも!?

申請期限までに当選者からの申請がない場合、当選ポイントは翌日にキャリーオーバーされます。
最高200,000ポイントまで持ち越しになり、それに達した場合、申請があるまで同ポイントが当選ポイント数となります。



次の記事【ポイントインカムの評判・特徴・メリット】へ>

<前の記事に戻る

ハピタスの紹介:ANAマイルに交換できるポイントをゲットできるポイントサイト

イメージ
2018年3月15日更新

本日は、ポイントサイトのハピタスの紹介をします。

ハピタスという名前の由来は、「毎日の生活にハッピーを足す」というところから来ています。

英語表記は、最近は「Hapitas」という表記に変えようとしている様子ですが、もともとの英語表記は「Happi+」です。

毎日の生活にハッピーをプラスということで、良くできていますね。

さて、そのハピタスですがANAの陸マイラーが一番利用しているポイントサイトと言って過言ではありません。 

マイルを貯めるためにポイントサイトを利用しているANA陸マイラーで知らない人はいないほどポピュラーで、2017年12月29日から人気タレントの出川哲郎さんを起用したTV CMの放映を始めています。

■ハピタスのトップページ


ハピタスの特徴

ANAマイルに交換できるポイントを大量に獲得できるFXやクレジットカードの案件を豊富にそろえていることが一番の特長です。

また、他のポイントサイトと比べて以下のようなユニークなサービスを提供しています。

◆みんなdeポイント

"みんなdeポイント"というお得なサービスの特集ページがあり、ネット上の人気サービスや人気商品を期間・参加人数限定で大幅ポイント還元される新しいお得なサービスがまとめて参照できます。

商品価格の80%や100%がハピタスポイントとして還元される、とてもお得な高還元の案件が掲載されていることが多いです。商品価格の100%が還元される案件は、実質無料で商品を購入することができます。

◆お買い物あんしん保証

ハピタスを経由して買い物をしたりサービスを利用したのに、ハピタスポイントが反映されなかった場合、例えば「判定中」とは記載されたけれど、判定までの期間を過ぎても「有効」にならない...、購入額の1%として100ポイントが獲得できるはずなのに!といった時に獲得できるはずだった100ポイントをハピタスが付与してくれます。

◆ハピタス宝くじ

広告の利用などで獲得できる「宝くじ交換券」をハピタス宝くじ券に交換して当選すればポイントが獲得できるユニークなサービスを提供しています。



関連記事
ハピタスの会員登録の方法
ハピタスでポイントを獲得する方法

次の記事【ちょびリッチの紹介  ANAマイルがゲットできるポイントサイト】へ>

<前の記事に戻る

PONEYの紹介: ANAマイルに交換できるポイントをゲットできるポイントサイト

イメージ
2018年7月7日更新

注意: PONEYは2018年7月2日にポイント交換に制限が設けられているため、7月7日時点でお勧めができません。

今回の記事ではPONEYの紹介をします。

■PONEYのトップページ



PONEYでは、他のポイントサイトと同様にクレジットカード、FX、ショッピング、ゲーム、アンケートなどでポイントを貯めることができます。

最近の傾向として年会費無料で大量ポイントが貯められるセゾンカード案件に特に強いです。

貯めたポイントは PeX、ドットマネー、Amazonギフト券、楽天スーパーポイントなどに交換したり、自分が持っているゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などの銀行口座に換金申請して、振り込んでもらうことができます。

うれしいのは、PeX、ドットマネー、Amazonギフト券、楽天スーパーポイントなどに交換する場合でも、銀行に換金申請する場合も、どのような場合でも交換手数料がかからないことです。

一部のポイントサイトのポイント交換には手数料がかかることがありますが、PONEYではどんな場合でも手数料0円というのはメリットですよね。



関連記事
PONEYの会員登録方法【図解】
PONEYでポイントを獲得する方法【図解】

<前の記事に戻る

次の記事【ハピタスの紹介 ANAマイルに交換できるポイントをゲットできるポイントサイト】へ>

ANAマイルを爆発的に貯める方法 ポイントサイトとは?

2018年7月7日更新

それでは、1年間で無理なく216,000マイル貯める方法ご紹介します。
それは、ずばり、ポイントサイトを使うことです。

ポイントサイトとは?

参加登録(ほとんどの場合無料)をした会員に、ショッピングやクレジットカードのサービスを利用してもらうことで、報酬ポイントを会員に進呈するWebサイトです。

どのようなポイントサイトがあるのか?

ANAマイルを効率よく貯めるために私がおすすめするのは、一撃で多くのポイントを獲得できるクレジットカードやFXの案件が多くて、案件のポイント還元率が高いポイントサイトです。

ハピタス

 東京都渋谷区の株式会社オズビジョンが運営しています。ANAマイルを貯めている人が一番使っているポイントサイトと言ってよいと思います。PONEYと同様にクレジットカードやFXの案件が充実しています。

 ハピタスは、お買い物あんしん保証という制度があり、ハピタスを経由したにも関わらず通帳に記載されなかったお買い物に対しても、買い物をした際の情報(購入完了メールなど)を提示することでポイントを付与してくれるといううれしい制度があります。

ポイントインカム

 ポイントインカムは、東京都渋谷区のファイブゲート株式会社が運営しています。

   "鈴木奈々さん"とものまねタレントの"みかんさん"を起用したCMをTV放映していました。

 クレジットカード比較のページが秀逸で、"知識・ネタ"で知っておくと便利な知識を勉強でき、また、"機能別比較"では還元率、年会費の有無、報酬ポイント、発行期間、ポイント承認日数など、様々な視点での比較表があるので、自分のニーズに合ったクレジットカードを効率よく選ぶことができます。

Gポイント

 Gポイントは、東京都千代田区に本社がある「ジー・プラン株式会社」が運営している2001年から17年以上続くポイントサイトで、会員数は300万人を突破しています。
単純計算すると日本人口の50人にひとりが会員ということになります。

「ジー・プラン株式会社」は、インターネットサービスプロバイダー事業で有名なビッグローブ株式会社の連結子会社で、他に三井住友カード株式会社が出資しています。
ビッグローブ、三井住友カードといった著名な大企業が出資している会社…